全国の医学生に向けて

大講堂での講義
研究室での実験活動
病棟での臨床実習

今まで当たり前だった日常を
新型コロナウイルスが破壊しようとしている

しかし歴史上医学は幾度もの危機を乗り越えてきた
その度に大きな発展を成し遂げた

共に手を取り、この危機を乗り越えよう
この危機を乗り越えた先に、より明るい未来があることを信じて

設立の経緯

新型コロナウイルス感染拡大下の非常事態で、多くの医学部で医学生が臨床実習中断を余儀なくされています。

しかし、医学生がこのまま適切な教育を受けられないままだと、近い将来に供給される医師の質が下がってしまうばかりか、卒業の延期などにより必要な医師数が確保できなくなってしまいます。また、私たちが医師として臨床に出る時も、この感染症が市中で流行していることは十分にあり得る事態であり、臨床的に対処するスキルを実践で身に着ける必要があります。

いま現場の病院は感染制御に全力を尽くしており、正しい感染対策を学ぶには、医学生自身で学び、教え合う必要があります。受動的でいてはいけません。

本サイトは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大下において、医学生が適切な感染予防策を学び、将来医療現場に貢献するために、慶應義塾大学医学部有志で作成したものです。

『医学生の感染予防指針』は、日本全国の医学生が使用できるように作成され、その後、医療系学生が使える『医療系学生のための感染予防指針』として改訂しました。どうぞ自由に、改変・頒布してご利用下さい.

慶應義塾大学医学部学生有志一同