医療系学生の感染予防指針

慶應義塾大学医学部の臨床実習生は、『医療系学生の感染予防指針 第2版』に基づいて感染対策を勉強し、筆記・実技試験に合格した者のみが臨床実習を再開する予定となっております。

本行動指針は、慶應義塾大学医学部スチューデントアンバサダー(Keio University School of Medicine Student Ambassador: KSAM)を始めとする有志の学生が発案し、医学部長 天谷雅行と医学部長補佐 門川俊明の許可の下、作成されました。

医学生の感染予防指針PDF版をダウンロード

 各大学の実習目的で、本マニュアルを改変・頒布することができます。編集元ファイルをご希望の際は、総編集者までメールを送付して下さい。

メディア掲載

2020/5/11 日経メディカル
2020/5/19 朝日新聞